TRX基本編その2

今回は基本その2上半身編です。シングルアーム・チェストプレス

まずは動画をご覧ください。

 

まあ、片腕の腕立て伏せですね。腕立て伏せは主に大胸筋のトレーニングですが、これが片腕になると話が全然違ってきます。

クライマーのトレーニングはどうしても背中を鍛えることに偏ってしまいがちで、胸のトレーニングには前向きではありません。

しかし、腕立て伏せは上半身のトレーニングの基本中の基本です。TRXを利用することで、ごく一部の人しかできなかったシングルアームチェストプレスが簡単にトライできます。このエクササイズを取り入れることによって、肩周辺の筋力だけでなく、コアの安定性、バランス向上などその恩恵は計り知れません。

このエクササイズをするときは、必ず両手でまずチェストプレスをやってみて、同じフォームで行うようにしてください。体が斜めになったり、手が体の前に来てはいけません。かなり、筋力のある人でも正しいフォームで行うとプルプルするのがわかります。

次回はいよいよ背中です。お楽しみに~

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です