缶バッジ獲得ラリー 傾向と対策その1

第3回45チャレンジ「MADE IN JAPAN」も残すところ約2週間、後半戦に突入しました。
半年に亘ってチャレンジできる長期戦、皆様の頑張りはもちろんですが、それなりに戦略は必要。戦略には、情報が欠かせません。
そこでこれから「中の人」だけが知る参加者の傾向と獲得のためのヒントを随時お伝えしていこうと思います。

その前に、もう一度缶バッジ獲得ラリーシステムのおさらい♪

【缶バッジ獲得ラリーとは?】
・45challenge 第3回(1/20~)から第6回までが対象
・半年間の期間限定
・参加は無料
・各回の獲得ポイントは次回に持ち越して積算が可能
・獲得したポイントに応じたカラーのバッジをプレゼント
・カテゴリー全完登P、来店Pなどのボーナスポイントあり
・第2回(1/19終了)の参加者は、第2回の獲得ポイントを加算可能
・各回の獲得ポイントは次回に持ち越して積算が可能
・獲得ポイントによって複数のバッジ獲得も可能
・バッジは各カラー数量限定(先着順)

*各バッジ獲得に必要なポイント
【レッド】積算ポイント 200P以上
【グリーン】積算ポイント 400P以上
【ブラック(ホログラム仕様)】 800P以上

「傾向と対策 その1」はまず、現在の傾向から。

【現在の参加人数】 約80名
【現在のバッジ獲得者数】 8名(すべて赤)
バッジ獲得者がこれだけ少ないほどポイント獲得が難しいのか?
実は200P以上の獲得者の方々は、どうやらポイントの積算で上位カラーのバッジを狙っている模様。
各バッジの数量と残数は非公開ですが、現状ではまだまだ各色十分な用意があります。

いかがでしたか?これからも「獲得に向けての傾向と対策」、不定期にお届けしますので、皆様の獲得作戦の参考にしてください。

バッジ

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です