マット補完計画

P705208200以前よりアナウンスしておりましたウレタンマットの間に挟むポリエチレンフォームが届きました。

オープン時よりウレタンが柔らかすぎて、マットの沈み込みが大きかったので、このフォームを間に入れることにより衝撃吸収力が増してより安全になります。ただし、着地時の感覚は以前より硬く感じる方もおられるかもしれません。

(ボラーレ・エスカラーダではマットを過信せず、登った後もなるべく飛び降りずにクライミングダウンすることを推奨しています。)

また施工するまでのしばらくの間、休憩室が狭くなりますが、ご理解よろしくお願いします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です