尼崎経済新聞に掲載されました

尼崎・園田にボルダリングジム クライマー夫婦が経営

尼崎・園田にボルダリングジム クライマー夫婦が経営 河野誠一さんと三千代さん

写真を拡大 地図を拡大

阪急園田駅の近くにボルダリングスタジオ「ボラーレ・エスカラーダ」(尼崎市東園田町4、TEL 06-6415-9841)がオープンし、3カ月がたった。

難度の高いルーフに挑む垣下さん

ボルダリングはフリークライミングの1種で、専用シューズや滑り止めのチョークなど最低限の道具のみを使い岩を登って楽しむスポーツ。近年人気が高まっており、インドアの人工壁でボルダリングを行うジムは、市内では同店で3店目となる。

店内に張り巡らされた人工壁は高さ約4メートルで、90度から140度まで変化に富んだ傾斜を持つ。ルートは初心者向けの8級から上級者向けの2段まで75通りあるほか、「トラバース(水平移動)課題、足自由、18手まで」などと書かれた「店長課題」も用意する。

同店では18歳以上に年齢制限しており、客は近隣からだけでなく、豊中市や池田市からも訪れるという。池田市から来たという垣下由紀さん(42)はボル ダリング歴5年、自己最高グレードは2級。「駅から近く、アクセスが良い。一人で来ても店長が課題を出してくれるので上達につながっている」と笑顔を見せ る。

同店を経営する河野三千代さん(51)、誠一さん(57)夫婦はクライミングを通じて出合い、約20年前に結婚。夫婦で国内外の岩場へ出向き、ロックク ライミング天国として世界的に有名なスペイン・ロデラーのファンであることから、店名もスペイン語に。「同じ岩場に世界からいろんな人が集まり、同じ課題 にトライし、応援し合って仲良くなる。ボルダリングは旅としても楽しい」と三千代さん。山岳ガイドの資格を持ち、「河野アウトドアスクール」も主宰する誠 一さんは「インドアで慣れてきたら、思い切って自然の岩場に挑戦するのもおすすめ。外岩ツアーも行っているので参加してみては」と呼び掛ける。

営業時間は10時~22時(土曜・日曜・祝日は20時)。1時間の講習と用具レンタルなどがセットになった体験コースは3,780円から。施設使用料は、平日=1,944円、土曜・日曜・祝日=2,160円(終日)など。月会員、年会員制度あり。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です